記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真面目な食生活

別に今までいい加減な食生活を送っていたわけではない。
だけど病気になってしまった今、一体何がいけなかったんだろうと思い返してみた。

乳がんのリスクがいくつかあるらしいんだけど、その中の一つに『高脂肪食』というのがあります。

たしか脂肪の摂取の多い欧米人は乳がんに罹る人が日本人に比べて多いとか。

しかしそんなに肉肉いう程肉食だったわけではない。
乳製品も好きだけど、そんなに過剰摂取したっけか?
確かにヨーグルトは毎日食べてたし、ケーキなどのスイーツはチーズ系のが多かったけど。

『乳癌 乳製品』 で検索すると転移した乳癌患者の女性が一切の乳製品を絶って生還したという本が…
なんだかヒステリックに乳製品はダメと訴えてらっしゃるブログにも行き当たったよ…
うーん、なんだか眉唾っぽい

ま、乳製品はさておき動物性脂肪の多い食事じたいが肥満につながるわけで、確かにわたしはここ数年でかなり太ましく成長を遂げたのは間違いないヽ(;▽;)ノ

このにっくき脂肪がガンめのえさになるかと思うと、これは脂肪を減らしてガン細胞を死に追いやってやらんとな。

告知をうけてからおかげさまで少々体重が減ったので、これを機に痩せようではないか!と奮起した次第。

よく思い出してみると、子供の頃はガリガリちゃんだったのに、風邪もあまりひかず病気もせず、見た目によらず健康だったのだ。

で、母に何を食べさせられたかというと…

粗食でしたorz

いや、今更母をディスってるんじゃないですよ
年寄りがいたから煮物やお浸しや魚などの和食が多かったし、ハイカラな洋食なんてとてもとても、せいぜいオムライスかカレーくらいw
おまけに食が細かったため自ずと粗食。
それが良かったんでしょね。

でも母の作った煮物は最高に美味しい!とアゲておく(笑)
いや、本当美味しくて今も大好きです。

で、大人になって友達と外食するようになってハイカラなモノをたべるようになり、子供の頃と比べるとコッテリしたものを食べるようになったんです。
結婚後は、愛 す る w旦那様が喜ぶのを見たくてwあれこれ腕をふるいましたよ。
おかげて夫婦共々膨張して参りましたが…

というわけでやはり食生活の見直しをせねばと、子供の頃の母の作った粗食メニューを思い出し、近頃は野菜メイン、タンパク質は魚や鳥で摂ると。

おかげさまで夫の両親はお百姓さん。
季節の旬の野菜がこれでもかと笠地蔵のように玄関先に置いておかれる。
米もタダ、まさにタダ飯w
先日は道の駅でこれまた野菜を購入したし。

とある日の夕ご飯

麦ご飯、煮物、七味もやし、マグロのづけ、お味噌汁

またある日のお弁当

麦飯おにぎり、温野菜、手作り鶏ハム、エビしゅうまい(冷凍でサーセンw)

こんな感じのお料理で、今のところ減った体重をキープ中、ええどええどw

しかし昨日、夫が休みだったので久々にラーメンを食べて来た
魚出汁のあっさりラーメンだったにも関わらずたった一食で体重増えたorz

ラーメン恐ろしい子…


お風呂に入ったポン
乾いた後もなんだかシュッとした印象

そういえは5月中旬は毎年喘息でヘロヘロですが、今年もやはりあかんようです。
投薬の日々でカワイソス(´・ω・`)

あっ明日は夫と一緒に手術と入院の説明を聞いてきますノシ
スポンサーサイト

コメント

>シュワルツ・カッツさん

あなたは一体何を背負い込んでるのよ~
なんだか大変な思いをしたんだね。
もう近所だったら飯作って訪ねてあげたいわ
ポンをキャリーバッグに入れてお供させてさw

わたしも退院して一段落したら子宮がん検診だよ
そういやこの前のCTでえらい大きな子宮筋腫があった
もう…前々からあったんだけど更に大きくなってたんかも…(;_;)

鼻筋がシュッと通って男前なポンちゃん。
うちのは6歳になったにもかかわらず拾った時のコドモ顔のまま。
おんなし黒猫なのになんでこんなに差が…orz。
とっつぁん坊やならぬ坊ちゃんじじいでございます@ロータス。
喘息、私も来てます。変なカラ咳のようなものがコンコンと来ると喉がヒュウーヒュウーって鳴るんですよ。結構辛い。

台所仕事、私ができないもんだから…旦那は可哀想なことに肉という肉が家では食べれません。もっぱら魚のみ。そこに納豆、漬物、ご飯にみそ汁という感じでございます。私の病気のせいで旦那がいくら稼いできても粗食のままではや14年…。文句も言わずに食ってくれてます。
せめて料理できたらなー…と思っても今やってることは精神障害の年金手続き。もうこの歳で年金生活者になりそうです。
診断書を書いてもらったんですが、「PTSDに起因する双極性障害」つまり躁鬱です。犯罪被害者ってこうやって生きていくしかないのかと思い知らされました。

あーゆき姐のご飯一回食べてみたい。おいしそう。
今、数年前のドラマ、JINー仁ーをネットでずっと見てるんですが、その中に「寿命を延ばすのが治療ではなく、本人がやりたいことをやれるだけの時間を作ってあげられるのが本当の治療ではないか」という命題に触れてるところです。命あるものはいつか死ぬ、でも医者がかかわってほんの少しでも延命したその時間で患者さんがやりたいようにやれば、それが幸せというものではないかと・・・。なかなか考えさせられるドラマであります。

あ、そうそう。昨日、子宮ガン検診してきました。痛かったー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukipoo

Author:yukipoo
熟年夫婦(笑)と熟年猫(黒猫ポン)との生活

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。