記事一覧

父を想ふ

既に何度も書いた通り、父は9年前膵臓ガンのため亡くなりました、享年63。

婿養子だった父は、祖父(母の父親)と大変折り合いが悪く苦労の連続でした。

その祖父がようやくw亡くなり、自身も長年勤めた会社を定年退職し、さあこれからは我が世の春だ!と思った矢先の病気の発覚。

まさに定年退職してから丸3年で逝ってしまったのです
無念だったろうなあ…



先月わたしはガンと告げられ、手術の恐怖、手術後ひょっとしたら思いのほか進行してたらどうしよう~とか、術後の治療の副作用はどんなものかと考えるとひどく落ち込んだりしておりました
勿論これから掛かる治療費を思うと家計のことも心配だ、仕事に復帰できるだろうか?などなど


早期ガンのわたしでさえこんなに不安に駆られているのに、キング オブ キャンサーなんて言われる位の予後の悪い膵臓のガン、治ることは無い、余命いくばくかなんて宣告された父は、わたしの恐怖などとは比べものにならない程の絶望を感じただろう。

見舞いに行くとくだらん親父ギャグを飛ばしたり、帰り際「気をつけてな」と気遣ってくれたりしてたけど常に不安、恐怖感、そして自身を襲う痛みに、やるせない日々を病室のベッドの上で過ごしていたかと思うと今更ながら胸を締めつけられる思いです。

そんな父の事を思うとわたしの現状はまだまだ大した事ではないのだ!
なのでガンと告げられてからまだ泣いてません。
涙が浮かんでも、こんな事ぐらいでナニクソ!と自分を叱咤しております。
涙もろいわたしがけっこう頑張っております(笑)

刻一刻と手術日が迫ってますが、最近の心境はというと…普通ですw
ちゃんとしたパジャマなんて無いから買わなきゃな~とか、入院したら余りかまえないからヘアスタイルどうしよっかなーとかw
まるで旅行気分になっておる。

ここ最近辛気臭いブログになりつつあるのでここらで景気づけを


こらっポン!
そんなど真ん中で寝たらおかーさん縮こまって寝んならんがね!


全然景気付けになっとらんorz

ま、いつもの我が家の日常ですww
スポンサーサイト

コメント

>MIKIさん

MIKIさんのお父様はまだお元気でいらっしゃるのかな?
大事にしてさし上げてくださいね!
わたしはもっと親孝行しとけばと後悔ばかりです><

そうです!こんなことくらいでは泣きやしませんよ
とにかく今はクヨクヨせず笑って過ごして、気合で腫瘍を少しでも小さくしたるww

>シュワルツ・カッツさん

膵臓は父が罹った10数年前も今も5年生存率がめっさ低い…
現代の医学でも太刀打ちできないくらいのガンの王様ときたもんだ。
怖いよね
酒もタバコも吸わないのに病気にはなっちまうもんさ
ストレスが貯まるくらいならタバコだってokかもね

私は父親っこなので、せつないなぁと思いました。苦労した人が晩年安寧に暮らせるって訳じゃないんだなぁ。お父様は無念だったでしょうね。

>まだ泣いてません。
うん、エライなぁ。泣いたら負けるみたいなとこもあるし。
なんにせよ、まずは取ってしまうことが第一。その先のことは、またその時考えるのがいいのかもね。思いを巡らせるときりがないし、不安を助長しますよね。
大丈夫、私も信じて願ってるから。

膵臓は切れん…切ったらもう長くはない、とママが言っとりました。
しかし、旦那のオカン(つまり義母)が膵炎起こして切ったんですよ、そして病理検査で悪性リンパ腫とわかったのでした。旦那には言えないけど義母もう長くはないなって覚悟してます。
うちのおとんはなんか調子悪いなーてんで病院行ってレントゲン検査したらもうはっきりと映ってたらしくて(縦隔ガン)。半年しかもたんかったっす。本人は後10年生きたいといったらしいですが奥さん別に呼び出されてあと半年持つかどうかってきっぱり言われたそうです。私はオトンが後なんぼ生きられるか?てのは奥さんにはわざと聞きませんでしいた。だってもう死臭が見えたから。そういうオーラになってました。
70歳まで生きたんだから本望でしょう…。つか、最期の私への言葉は「○子、タバコはあかんぞ、吸うたらあかんぞ…」でした。自分がんがん吸ってたくせに。今日もタバコがうまいぜコンチクショー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukipoo

Author:yukipoo
熟年夫婦(笑)と熟年猫(黒猫ポン)との生活

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -