記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のこされた動物たち

福島原発の事故で20キロ圏内の地域にて、とりのこされた動物たち。

09291.jpg


人気ブログ『うちのとらまる』のブログ主さんの写真集です。

東日本大震災が起きるまでは、お宅のかわいいねこちゃんの写真、
河原ネコ(河川敷のノラ猫さんたち)のお世話をする、おじさんのことなど書いてらっしゃったんですが、
震災後福島入りし、ほとんど個人で残された動物の保護をされている、報道カメラマンの方の記録写真集です。

ブログは見てたので、内容はだいたいわかってたんですが
いざこうして製本されたのを見ると…

なので届いてからなかなか開けて読むことができませんでした。

やはりこれは記憶にとどめておかねばならない。というわけで三日くらいしてやっと読みました。

残された動物はもちろんかわいそうです。
置いて行かねばならなかった飼い主さんも辛かったことだったでしょう。

外野で勝手に
「なんで連れて行かなかったの?」
「わたしだったら何があっても一緒に避難するのに」

言うのは簡単です。
でもそれができたら、これほどのたくさんの動物たちが路頭に迷うはずがないでしょう。
この地域の人はみんな冷血人間か?そんなわけないでしょう。

原発は爆発するわ、放射能は漏れ出すわで、とりあえず避難するしか出来なかったはず。

けしてそんな福島の人たちを非難するなんてことはできません。



作者さんのブログによると、まだ圏内で健気に生きてる動物たちがいるようです。
どうかそのコたちが無事保護され、何も不安も心配もなく安心して余生を過ごせることを祈って。

あ、この本の収益金は今後の活動費に充てられるそうです。

こんなことでしか協力できないけど、みんなみんなどうか無事でね。

生きてね!




あぁ、かたやうちのボンクラさんはというと。

09293.jpg

猫草ウマー

実は初めて猫草なるものを与えてみました。
すごい食いつきようです。
もっと早くにあげればよかったなあ~


09292.jpg
ねえねえ、福島のコたちを助けるのに、オレはなにをすればいいの?

そうねぇ、お祈りしなさい。
みんなが飼い主さん、またはあたらしい飼い主さんに引き取られて
おいしいごはんとあたたかいお布団で眠れるようにね。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukipoo

Author:yukipoo
熟年夫婦(笑)と熟年猫(黒猫ポン)との生活

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。