記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喘息対策

027.jpg
↑この状態再び…て感じだった今朝のポン。
昼にうpしたブログでも書いたとおり、医者で喘息の診断を下されました。

こんなひどい状態ではなかったけど、以前診てもらったときに
「喘息はこんなもんじゃなくてもっとひどい状態だからね~」
とアレルギー性気管支炎ということになっていましたが、今朝のひどい状態で
「こりゃ喘息だね」
気管支炎から喘息に格上げされました…

さてこれから飼い主として(下僕として?w)なるべく発作のおこらないよう環境を整えてあげねばなあ。
とはいっても、いままでも掃除はこやつらの毛が浮遊するおかげで結構マメにしてたし
煙草を吸う者もいないし。空気清浄機も2台設置してあったけど。

うーむ。こうなるとルンバが欲しい。
毎日掃除してくれる、あのお掃除ロボが…



さて、その後のポンの状態はかなり安定しております。
さっきちょっと咳き込んでたけど今は、わたしの後ろでスヤスヤおねむしとります。
呼吸も乱れてないようです。
一応明日もう一度診察することに。


musi.jpg

いつものようにちょっかい掛けても食いついてきません><
まだ本調子じゃない模様。

hutenepon.jpg
昨晩ははしんどくて眠れなかったろうから、ゆっくりおやすみ
スポンサーサイト

コメント

>タケさん

あらタケさんも喘息もちなんですか。
うちの夫も季節の変わり目やら天候の急変やらに反応するらしく、同じようなタイミングでポンもげふんげふん、ぜぇぜぇしてるんで夫に聞けばポンに薬を飲ませるタイミングがつかめそうですわ。

ルンバはですね昨年の近所のドラッグストアの年末抽選キャンペーンで何枚も欲しい物欄に『ルンバ』
と書いて応募しまくったのに当たりませんでした。買えよってハナシですねw
でも、マジで購入を検討しようかと。。でも高いorz


おかげさまでポン、今日はもうかなり元気です。
元気になるといろいろやらかすヤツなんです。案の定今日も。このおバカねこ!!でも許すww

>シュワルツ・カッツさま

シュワルツさんは喘息のつらさがおわかりなんですよね。無駄に丈夫なわたしはイマイチ辛さがわかってあげられないけど、先日のポンのしんどさを見てると本当にしんどいんだな~うぅっ変わってあげたい。なんて思ってしまうくらい見てられなかったです。もうね、このままお別れのときが来てしまうのかと最悪のこと考えてしまった。
夫は自分も喘息もっちーなんで痛いほどわかるようで。ナカーマ意識が働いているようですがそれは夫の一方的な思いのようでww

薬もあんまり飲ますのもどうかと思うけど、あの苦しさで寿命縮めることを思うと適切に飲ませるのならそれもアリかなと。お医者様のおっしゃるとおりに服用させる分にはいいのかなと思うようになってきました。

遠くに居られる喘息のおばちゃまw(いや私よりうんとお若いわよ)も応援してくださってポンはしやーわせもんです。

ポン君心配ですね。。。
僕は自分が喘息持ちなのでポンちゃんの苦しさが分かります。
薬を常飲することでほぼ症状が出なくなってますが、猫の喘息も同じなのでしょうか。

我が家は掛け布団類もダニホコリが出にくい物を使ってますし、ベッドのマットレスも頻繁に掃除機かけてます。
カーペットも一切敷いてません。
勿論寝室は毎晩空気清浄機稼動です。

怖がりすぎなのかもしれないですが、出来る限り喘息の原因を少なくするように・・と思って。。。
それなら猫飼うなよって感じですが・・・(;´∀`)

やっぱりルンバ欲しいですよね~!!毎日掃除機かけるのはかなり大変ですからね。。。

ポン君、元気なることを祈っております。
どうか症状が落ち着きますように。。。

旦那様も喘息モッチーなのですか。そりゃ大変だ。
喘息の発作はやっぱり夜明けが一番多いですね。交感神経と副交感神経が入れ替わりスイッチが入るとき切れるとき=眠りにつくときと朝の4時ごろにあたる、その時間が魔の時間です。人間の救急でも夜10時と朝4時が一番喘息発作で119通報が多いらしい。
人間様の場合は、吸入器である一定の分はごまかし、吸入器で間に合わないときは点滴で気道確保するのですが(点滴入れられたときは神様に救われたような気分になります。それまで酸欠状態ですから)動物の場合、点滴するにもそう何回も細い血管が持たないし=次々と腕の違うところに点滴バリカン禿ができる、何より体が小さいから1分1秒を争いますよね。あれはほんと飼い主焦る。
やっぱ、健常人の奥様には結構ゴーモンなんですが、ポンちゃんと旦那様のいるお部屋を加湿器でバンバン加湿されることをお勧めします。これから暑くなるのであせも必須ですが、あせもの痒さよりも喘息の発作の方が重篤ですからね。
あとは、毎日喘息用のお薬の服用を忘れないことかしら。私は怖くて喘息だと診断されたときから1日も忘れられず恐怖感からバッチシ毎日飲んでます。そしてなおかつ、アレルギー用のお薬を1錠増やしたんですよ。そしたらだいぶ発作がなくなり快適に過ごしています。飲み薬は一番被害が少なく負担も軽く続けやすいです。ただ、ポンちゃんの場合保険ないからねー。せめて3割負担とかにならないかな。
頑張って、ポンちゃん!黒猫仲間のおばちゃんも、応援しているよ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukipoo

Author:yukipoo
熟年夫婦(笑)と熟年猫(黒猫ポン)との生活

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。